へルプセンタ―

音量エンベロップ

フォローする

(オーディオ)(ビデオ)

 

[音量エンベロップ]は、ミリ秒の精度でタイムラインの選択したビデオクリップまたはオーディオクリップのどこででも音量を完全に制御することができます。これは、元のクリップの音量の0%〜100%の間でオーディオクリップまたはビデオクリップの元の音量を調整できる[ボリュームスライダー]と、キーフレームを管理するボタンで構成されています。

初めてオーディオクリップまたはビデオクリップの [音量エンベロップ]ツールを開くと、両方とも100%のボリュームで設定されている2つのキーフレーム(クリップの開始とクリップの最後)が見えます。[ボリュームスライダー]を使用すると、他の位置でキーフレームに影響を与えることなく、現在の再生ヘッドの位置でクリップの音量を調整できます。現在の再生ヘッドの位置にオーディオキーフレームが存在しない場合、新しく作成されます。すでにある場合には、[ボリュームスライダー]の値に合わせて調整されます。

 

キーフレームを管理するには、次のボタンを使用できます。

 

キーフレームを追加する-現在の再生ヘッドの位置にオーディオキーフレームを追加します。キーフレームがすでにある場合、このオプションは無効になります。

 

キーフレームを削除する-現在の再生ヘッドの位置からオーディオキーフレームを削除します。このオプションは、キーフレームがない場合はグレー表示されます。

 

次のキーフレームに移動する-現在の再生ヘッドの位置をタイムラインの次のキーフレームの位置に移動します。


前のキーフレームに移動する-現在の再生ヘッドの位置をタイムラインの前のキーフレームの位置に移動します。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください