へルプセンタ―

アニメーション内

フォローする

(メディアレイヤー)(効果)(オーバーレイ)(テキスト)(手書き)

 

[アニメーション内]は、選択した項目を[タイムライン]で紹介するためのさまざまな方法を含んでいます。各アニメーションの長さは0.5〜3.5秒で調整できますが、クリップの元の長さを超えてはなりません。

 

フェード-項目は完全に透明から始まり、フェードインします。

 

ポップ‐項目は、ポイントから元のサイズに拡大し、最後は弾けます。

 

右方向スライド-項目は、画面左側から所定の位置に移動しながらフェードインします。

 

左からスライド-項目は、画面右側から所定の位置に移動しながらフェードインします。

 

上方向スライド-項目は、画面下側から所定の位置に移動しながらフェードインします。

 

下方向スライド-項目は、画面上側から所定の位置に移動しながらフェードインします。

 

CWスピン -項目は、時計回りに3回転の長さでゆっくりと回りながらフェードインします。

 

CCWスピン -項目は、反時計回りに3回転の長さでゆっくりと回りながらフェードインします。

 

ドロップ-項目は、画面の上から落ちながらフェードインします。オブジェクトは定位置に来ると弾けます。

 

拡大-項目は、ポイントから元のサイズに拡大しながらフェードインします。ポップとは異なり、最後はリバウンドがありません。

 

縮小-項目は、はるかに大きいサイズから元のサイズに縮小しながらフェードインします。

 

一点集中-元の項目の左に1つ、右に1つある2つの項目がフェードインして元の項目に結合します。



以下の[アニメーション内]は、Android端末でのみ利用できます。

 

1文字づつ-テキストレイヤーコンテンツが、一度に1文字ずつ画面に配置されます。

 

右にワイプ-項目は、画面上を右に掃きながら徐々に現れます。

 

左にワイプ-項目は、画面上を左に掃きながら徐々に現れます。

 

ワイプアップ-項目は、画面上を上に掃きながら徐々に現れます。

 

ワイプダウン-項目は、画面上を下に掃きながら徐々に現れます。

 

ポップ-センターから-項目は、項目の中央の水平線に沿ってゼロから完全な高さに広がり、最後には少し弾けます。

 

ポップ–下へ-項目は、項目の上に置かれた水平線の下にゼロから完全な高さに広がり、最後には少し弾けます。

 

ポップ–上へ-項目は、項目の下に置かれた水平線の上にゼロから完全な高さに広がり、最後には少し弾けます。

 

ポップ-開きながら下へ-項目は、[ポップダウン–下へ]のようにドロップダウンする前に、左右のポイントから最小の高さで広がります。

 

下から現れる -項目が隠れ始め、境界ボックスの下から上にスライドして現れます。

 

上から現れる -項目が隠れ始め、境界ボックスの上から下にスライドして現れます。

 

右から現れる -項目が隠れ始め、境界ボックスの右から下にスライドして現れます。

 

左から現れる -項目が隠れ始め、境界ボックスの左から下にスライドして現れます。

 

ゴムスタンプ –ゴムスタンプが突然に現れれる以外は[縮小]と同様で、画面から広がるように調整されます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください