ヘルプセンター

キーフレーム

フォローする

4_6.jpg

KineMasterキーフレームインターフェイス

 

[二段目以降のタイムライン]に選択された項目は、[キーフレーム]ツールで時間の経過とともに再配置できます。キーフレームは、特定の時間のレイヤーのコンテンツの位置や回転、スケールを定めます。キーフレームの間では、位置は時間の経過とともに直線的に補間されます。

 

キーフレームには以下のオプションがあります。

 

キーフレームを追加する-現在の再生ヘッドの位置にオーディオキーフレームを追加します。このオプションは、キーフレームがすでにある場合はグレー表示されます。

 

キーフレームを削除する-現在の再生ヘッドの位置からオーディオキーフレームを削除します。このオプションは、キーフレームがすでにある場合はグレー表示されます。

 

次のキーフレームに移動する-現在の再生ヘッドの位置をタイムラインの次のキーフレームの位置に移動します。


前のキーフレームに移動する-現在の再生ヘッドの位置をタイムラインの前のキーフレームの位置に移動します。

 

一般的なキーフレームワークフローには、以下の手順が含まれます。まず、再生ヘッドをアニメーションを開始したい時間に移動させます。プレビューでアニメ化したい項目を希望する開始位置に移動します。[キーフレーム]を軽く叩き、[キーフレームを追加する] を軽く叩いてアニメーションの開始をマークします。 再生ヘッドをアニメーションを終えたい場所に移動し、アニメ化している項目を最終位置に移動させます。同時に、この位置で調整したり回転したりできます。[キーフレームを追加する]を軽く叩いてアニメーションを終了します。選択した項目は、開始位置から終了位置までの時間の経過とともに直線的に調整、回転、移動します。より複雑なアニメーションには、複数のキーフレームが使用できます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください