へルプセンタ―

メディアレイヤー

フォローする

4_2.jpg

KineMasterメディアブラウザ画面

 

[メディアレイヤー]には、[ビデオレイヤー]と[イメージレイヤー]の2種類があり、いずれも[主要なタイムライン]項目(ビデオとイメージ)と同じフォーマットです。

 

[メディアレイヤー]はいくつかの方法でプロジェクトに追加できます。

  • ビデオ及びイメージレイヤーは、[メディアホール]の[レイヤー]を軽く叩き[メディア](またはビデオレイヤーがサポートされていない一部の携帯電話ではイメージ)を選択することで追加されます。
  • ビデオ及びイメージレイヤーは、[主要なタイムライン]でクリップを選択し画面の左側にある[...]メニューを軽く叩いて[レイヤーとして複製]を選択すると、追加されます。
  • イメージレイヤーは、[カメラ]で写真を撮ることで追加されます。
  • ビデオレイヤーは、[ビデオカメラ]でビデオを録画し[レイヤー使用]を選択して追加されます。

 

[ビデオレイヤー]は端末能力に依存性が高いため、一部の端末ではビデオレイヤーの数が制限されているか単純に使用できませんが、実質的に無制限数の[イメージレイヤー]がプロジェクトに追加されます。

 

KineMasterチップ:メディアフォーマット

 

Androidでは、KineMasterは以下のフォーマットをサポートしています。

 

インポートビデオのフォーマット

  • MP4(H.264ベースライン/メイン/ハイプロファイル+AACLC/PCM)
  • 3GP(H.264ベースライン/メイン/ハイプロファイル+AACLC/PCM)
  • MOV(H.264ベースライン/メイン/ハイプロファイル+AACLC/PCM)

インポートオーディオのフォーマット:

  • MP3、M4A、AAC、WAV

インポートイメージのフォーマット:

  • JPEG、PNG、WebP、BMP
  • GIF(静止画のみ)

エクスポートビデオのフォーマット:

  • MP4(H.264ベースライン+AACLC)

 

iPhoneやiPadでは、ビデオファイルはカメラロールに保存する必要があり、上記のビデオフォーマットはiOSカメラロールによってサポートされているものに制限されます。各端末の技術仕様に関する情報はhttp://www.apple.com/を参照して下さい。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください