ヘルプセンター

メインメニュー

フォローする

3_1.jpg

KineMasterのタイトル画面-プロジェクトアシスタントと空プロジェクトが大きく二つ表示されています。

 

[設定]を軽く叩くと、アプリ全体の設定にアクセスできます。以下の項目が表示されます。

 

アカウントについて-アカウントの種類(プロまたは無料)について情報を表示します。KineMasterの無料版を使用している場合、この画面にて月額または年間サブスクリプション(自動更新)モデルの購入ができます。クレジットカードにアクセスできないユーザーや、GooglePlayギフトカード残高がサブスクリプションモデルに適応されないに居住しているユーザーの場合、30日間のみ使用できるワンタイムパスも提供しており、この画面でのみ購入可能です。KineMasterライセンスキー(ボリュームライセンスまたは企業からの購入)や、トレードショー、コンテストまたはその他のイベントからプロモーションコードを受け取った場合、この画面に入力しないで下さい。KineMasterサポートスタッフの指示がない限り、ライセンスキー及びプロモーションコードは、https://kinemaster.com/promoに入力して下さい。詳細については、このセクションの最後にあるKineMasterチップを参照して下さい。

 

KineMasterについて-KineMasterのバージョンと、法律的情報、プライバシー情報、利用規約へのリンクを表示します。(また当社ウェブサイトhttp://www.kinemaster.comでご確認できます)

 

端末のキャパシティ情報(DCI)(Androidのみ)-この画面には、端末、編集、共有及びビデオレイヤーの機能に関する情報が表示されます。

 

Android端末に対して、表示された情報に誤りがあると思われる場合、端末のの正しい情報を検出するために、[ハードウェアの性能分析]を実行することができます。最良の結果を得るには、最初に端末を再起動し、他のアプリ(特に画面録画)が実行されていないことを確認してからこの画面に戻り、画面の右上側の⋮ を軽く叩いて[今すぐ分析する]を選択します。これにより3〜5分程度の所用時間がかかりますが端末の能力を正確に把握するために必要となります。

 

標準写真時間-[タイムライン]に置かれた時の画像の再生の長さ(秒単位)。時間は0.75から15秒まで調整可能です。

 

標準写真トリミング-タイムラインに置かれた時、または(主要なタイムライン)[クロッピング]が選択されている時の写真の標準クロッピング方法。選択肢は次の通りです。

 

  • 画面に収まる-イメージはクロッピングなしで画面内に収まります。アスペクト比がプロジェクトのアスペクト比と一致しない場合、黒いバーが表示されることがあります。
  • 全画面-イメージは黒いバーなしで画面内に収まりますが、アスペクト比がプロジェクトのアスペクト比と一致しない場合はクロッピングが発生することがあります。
  • ケンバーンズ効果/パン&ズーム(任意)-イメージは、クロッピングしている間、徐々にズームインまたはズームアウトします。ズームの方向は任意に選択された開始位置と終了位置によって決定されます。
  • ケンバーンズ効果/パン&ズーム(顔認識)-ズームの中心点は、写真で検出された顔または顔のグループです。顔が検出されない場合、「任意」と同じように機能します。

 

レイヤー標準再生時間-[タイムライン]に配置されたレイヤーの標準再生の長さ(秒単位)。時間は0.25〜15秒の範囲で調整できます。

 

メディアブラウザのフルスクリーンモード(Androidのみ)-[オン]に設定して[メディアブラウザ]を開くと、画面いっぱいに収まります。[オフ]に設定すると、タイムラインは表示されたままになります。

 

オーディオブラウザのフルスクリーンモード(オーディオのみ)-[オン]に設定して[オーディオブラウザ]を開くと、画面いっぱいに収まります。[オフ]に設定すると、タイムラインは表示されたままになります。

 

オーディオ録音ソース-録音オーディオのソースを決定します。Androidでは、選択肢が[ビデオカメラ][音声]及び[自動]です。

 

  • ビデオカメラ-通常、カメラと同じ方向を向いているマイクを選択します。ビデオと同行するオーディオを録音するように設計されています。
  • 音声-このオプションは、音声用に最適化されています。マイクは通常、携帯電話に対して前向きマイクまたは付属マイクのいずれかです。マイクが付属していない場合、この設定は背景の雑音消去を試みることがあります。
  • 自動-音声は音声録音のために使用され、撮影時にビデオカメラが使用されます。

 

iPhoneまたはiPadの場合、[自動][下側][前部][後部]が選択できます。

 

次の項目に従ってリストを並び替える-プロジェクトの日付を[日付(編集済み)][日付(作成済み)]及び[名前]で並べ替えることができます。

 

録音オーディオ場所(Androidのみ)-KineMasterで録音された全てのオーディオファイルのデフォルトフォルダ。オプションは、[端末標準フォルダー][KineMasterフォルダー]及び[プロジェクト固有フォルダー]で、デフォルトオプションは[KineMasterフォルダー]です。

 

録画ビデオ場所(Androidのみ)-KineMasterで録画された全てのビデオファイルのデフォルトフォルダー。オプションは、[端末標準フォルダー][KineMasterフォルダー]及び[プロジェクト固有フォルダー]で、デフォルトオプションは[KineMasterフォルダー]です。

 

静止画場所(Androidのみ)-KineMasterで撮影した写真のデフォルトフォルダです。オプションは、[端末標準フォルダー][KineMasterフォルダー]及び[プロジェクト固有フォルダー]で、デフォルトオプションは[KineMasterフォルダー]です。

 

フレームキャプチャー場所(Androidのみ)-KineMasterでキャプチャされたフレームのデフォルトフォルダ。オプションは、[端末標準フォルダー][KineMasterフォルダー]及び[プロジェクト固有フォルダー]で、デフォルトオプションは[KineMasterフォルダー]です。

 

KineMasterはSDカードの読み込みやSDカードへの保存ができませんのでご注意下さい。全てのメディアファイルは、内蔵ストレージドライブのフォルダーに保存する必要があります。メディアファイルの場所を選択すると、他のアプリを使ってファイルを移動することになるのでご注意下さい。

 

エクスポートフレームレート(FPS)(Androidのみ)-エクスポートが完了したプロジェクトのデフォルトフレーム率を選択して、1秒当たりのフレーム数で計測します。ほとんどの端末のオプションは、15,24(シネマ)、25(PAL)及び30です。30fpsを超えるエクスポートフレームレートは実験的設定で有効にする必要があり、端末が60+fps編集に対応している場合にのみ利用できます。iPhone/iPadでは、エクスポート時にフレーム率が選択されます。

 

プロフェッショナル設定(Androidのみ)-正しく動作するかもしれないし、正しく動作しないかもしれないエクストラ設定、またKineMasterの将来バージョンにあるかもしれないし、ないかもしれないエキストラ設定。KineMasterチームの指示でのみ使用される「エクスポート診断データ収集」を除き、ユーザーは自由にこれらの設定を自己責任で使用することができます。各項目の標準設定は[オフ]です。

 

  • メディアブラウザ階層モード-[オン]に設定すると、メディアブラウザはフォルダ階層になります。[オフ]に設定すると、メディアブラウザのフォルダ階層はフラットになります。
  • 録音時にオーディオ振幅メーターを表示する-[オン]に設定すると、ビデオカメラモードでKineMasterでビデオを録画する時、オーディオ振幅メーターが表示されます。
  • 30fpsより高いエクスポートフレームレートを許可-[オン]に設定すると、60fps編集対応機器は60fpsまでエクスポートできます。
  • エクスポート診断データ収集-[オン]に設定すると、エクスポート診断データが収集されます。この機能はKineMasterチームの指導のもとでのみ使用でき、多くのファイルを作成して、端末に多くの空間を作ることができます。

 

KineMasterチップ:プロモーションコードとライセンスキーの入力方法

 

コンテストやイベント、またはサポートから直接受け取ったプロモーションコードやライセンスキーを使用するには、KineMasterアカウントが必要です。このアカウントはGoogle Playアカウントとは別で、現在ではコミュニティアカウントとも別です。コードを適用する(またはKineMasterアカウントを作成する)には、https://www.kinemaster.com/promoをご覧下さい。





Screen_Shot_2018-02-02_at_6.30.52_PM.png

KineMasterアカウント会員登録-すでにサインインしていれば、このページにはあなたのKineMasterアカウントに関する有益な情報が表示されます。

 

Eメールアドレスを入力すると、あなたの名前とパスワードを尋ねられます。アカウントを作成すると、アカウントにリアルタイムで適用されるプロモーションコードを入力することができます。

 

入力後、上記のKineMaster設定の「アカウントについて」画面に進み 端末の新しいKineMasterアカウントにログインして、有効にします。

 

KineMasterヘルプ画面-KineMasterの親切なサポートスタッフから迅速で専門的な回答が得られます。

 

[ヘルプ]を軽く叩いて、KineMasterプロジェクトについての様々なヘルプ方法を確認できます。

 

ヘルプ-端末の互換性、支払い及びサブスクリプション、トラブルシューティング、チュートリアル、ユーザーガイドのセグメント化されたバージョン及びKineMasterのFAQに関する情報をKineMasterヘルプセンターで検索して下さい。(このためにはインターネットに接続して下さい)

 

ウェブサイト–KineMasterの詳細は、KineMasterのウェブサイトをご覧下さい!

 

電子メールサポート-サポートリクエストをKineMasterに提出して下さい。KineMasterチームが効果的な問題を解決できるように提供されているオプションから正確に選択して下さい。また、提出時には詳細を記述して下さい。KineMaster年間契約の購読者は、優先的な回答が得られるサポートセンターにアクセスできます。

 

KineMasterアセットストア

 

KineMaster[アセットストア]では、音楽、効果音、ビジュアル効果とトランジション、ステッカー、アニメーションオーバーレイ、フォントなど、プロフェッショナルアセットにアクセスすることができます。KineMasterメイン画面の(またはKineMasterプロジェクトの)[アセットストア]を軽く叩いてアセットを検索して下さい。プレミアムユーザーは、無料ユーザーには利用できないプレミアムアセットにアクセスできます。[アセットストア]に関する詳細は第6章:アセットスト にあります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください