へルプセンタ―

現在のキネマスター対応端末とOSバージョンは?

フォローする

キネマスターは、Android4.1.2以降のバージョンに対応しておりますが、4.2以降の端末を推奨しております。

様々な種類のチップセットがKineMasterを支援することが可能だが、みんながビデオレイヤー機能を利用できず、最適の性能を見せないこともあります。

市場には様々なチップセットを使用した様々な機能をもった人気のスマートフォンやタブレットモデルがございますが、万が一、お客様がキネマスターを使用することを目的に新たに端末を購入することをご検討されている場合は、事前にキネマスターが対応しているかどうか端末のチップセットをご確認ください。

現在Marvell、TI OMAPチップセットに関しては技術的な制限があるために、対応しておりません。また現時点では今後も対応する予定はございません。

キネマスターは今後もその他のチップセットへの対応拡張や改良を継続的に行ってまいります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください